自動車事故を起こした時にするべきこと

自動車事故

日本の戦後の経済急成長により、自動車は生きていくうえで必要不可欠なものになる人々がかなりの数にのぼるようになりました。そのため、道は毎日のように自動車でごったがえしています。ちょっとでもハンドル操作を誤ってしまえば、自動車事故を起こしかねないくらいの自動車の多さです。そのため、日本の運転免許を取るためのハードルは、他国と比べてかなり高くなっています。要は、免許取得の際に習ったことを、自動車運転者が全員、忠実に守り、常に集中して運転していれば、事故はそうそう起きることはありません。しかし、自動車事故は毎日、後を絶ちません。事故の原因はやはり、運転者全員が交通法規を守れていると言えないならに違いありませんが、実際のところ、運転者にも色々な都合があったり、人間である以上、常に心身健康な状態で、集中力を高くして運転が出来るわけではありません。ですから、事故を起こさない為には、運転者全員が交通法規を守ればよい、といった簡単な事では、自動車事故撲滅のための解決には全くならないわけです。運転者が全員、サイボーグやアンドロイドなら話は別ですが…。人間である以上、過失をすることはあります。その辺を十分に踏まえた上で、事故の原因を探っていかなければ何の解決にもならないわけです。かといっても、交通法規を守る以外に何をすればよいか、と言われれば、なかなか思い浮かばないものです。ですから、出来る限り、運転者全員が、交通法規を守るよう努力するしかないのです。そのためには、普段から出来る限り、しっかりした睡眠をとり、睡眠不足になった時は、できるだけ他の交通機関を使うか、どうしても自動車が必要な場合は、眠気を催したら、路肩等で仮眠をとる、等心がけることが大事だと思います。事故を起こさない為には、そういった心がけが一番、重要な気がします。事故の原因は、交通法規に関わる事以外ですと、心がけの不足もあると思います。しかし、事故を起こさない為には、と考えていても、事故を起こしてしまう可能性もあります。その時はやはり、逃げずに警察に連絡をしっかりし、救急車を呼んだり、しっかりした対応をする事が大事だと思います。

古希のお祝いで贈ったプレゼント

古希のお祝い

私は、姑の古希のお祝いをこの間してきました。

私の両親はまだ若い方なので、このような祝いの席はまだ経験がありませんでした。そのため、どのように祝えばよいかで悩み、プレゼントも何を贈るかで結構頭を悩ませました。

夫と相談もしましたが、夫も初めての経験ということであまり良い案は出ませんでした。そこで、インターネットの口コミや体験談を見て、みんながどのように祝っているかを調べました。私はとても素晴らしいことだと思うのでかなり盛大にやらなければいけないと思っていたのですが、実際に調べてみるとそこまで大々的に祝っていない人もいて、簡単で良いのかと少し考えを改めることができました。

それからは、夫と頭をより柔らかくして柔軟な思考で考えるようにしました。すると、結構良い案がたくさん浮かんできて、姑が喜びそうなプランを考えることができました。

このように古希のお祝いの仕方を考えている時に、一番困ったのがプレゼントでした。姑にはサプライズとしてプレゼントしたいという思いが強かったので、あまり欲しいものを直接聞くというのは避けたいと思っていました。でも、全く欲しくないものを贈っても意味がないと思ったので、様々な贈り物に関するランキングサイトなどを参考にしながらも、さりげなく夫から姑に聞いてもらうことにしました。

すると、物ではなく温泉にゆっくり浸かりたいということでした。そのため、姑やその他一緒にお祝いできそうな人たちに予定を開けてもらって、みんなで温泉に旅行に行くことにしました。一応何もないと悪いと思ったので、動きやすい服と家族みんなで書いた色紙とお酒も贈り物として持っていきました。姑はあまり旅行に行ったことがなかったということだったので、凄く喜んでくれました。夕食は部屋でみんなでゆっくり食べられるようにしてもらって、その時に持ってきていた服と色紙と古希祝いの為に作ってもらった名入れ酒を渡しました。姑が泣いて喜んでくれたので、凄く嬉しかったですし、大成功だと思いました。

古希祝いの人気商品を選んで良かったです!

その後、旅行から帰ってきた後でケーキを買って帰り、みんなで仲良く食べました。かなり今回のプランは成功したので、次私の両親が古希の時にもこのように喜んでもらえるような計画を立てたいです。

シュレーディンガーの猫

シュレーディンガーの猫

zu01物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが1935年に発表した『シュレーディンガーの猫(シュレーディンガーのねこ、英: Schrödinger’s cat)』または『シュレディンガーの猫』とは量子力学の問題点を突く思考実験であり、量子力学に対する欠陥を指摘したものである。

どのようなものかと説明をすると

まず、蓋付きの箱を用意し、この中に猫を一匹入れると同時に、一定量の放射性物質のラジウムと、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れて密封状態にする。

これがもし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出し、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動したとすると、青酸ガスを吸った猫は死んでしまうはずである。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。1時間程経過した後、箱をあけたときに猫は生きているか死んでいるか。といった思考実験の話である。

猫の生死はアルファ粒子が出たかどうかのみにより決定すると仮定する。そして、アルファ粒子は原子核のアルファ崩壊にともなって放出される。このとき、例えば箱に入れたラジウムが1時間以内にアルファ崩壊してアルファ粒子が放出される確率は50%だとする。この箱の蓋を閉めてから1時間後に蓋を開けて観測したとき、猫が生きている確率は50%、死んでいる確率も50%である。したがって、この猫は、生きている状態と死んでいる状態が1:1で重なりあっていると解釈しなければならない。

猫が生きている状態と死んでいる状態という2つの状態を認識することはできるが、このような重なりあった状態を認識することはない。
※いわゆるどちらか一方の状態を認識はできるが、どちらか一方は同時に認識することは出来ない。

この結果が科学的に大きな問題となるのは、実際に確証がとれる実験を行っても、観測して得られた実験結果は既に出た結果であり、本当に知りたいことである重なりあった結果ではないがために、実験結果そのものには意味を持たなくなり、検証できないということである。

この思考実験は、ノイマン-ウィグナー理論に対する反理論として、シュレーディンガーによって提案された。
まずは量子力学の確率解釈を妥当な方法で巨視的な実験系にすることができることを示し、そこから得られる結果(結論)の欠陥を指摘したのである。シュレーディンガーは、これをパラドックスと呼んだ。

今では「シュレーディンガーの猫」のような巨視的に量子力学の効果が現れる実験系が知られ、「シュレーディンガーの猫」は量子力学が引き起こす(奇妙な・異常な)現象を説明する際の例に用いられている。

重なり合った解釈と確立解釈

「重なりあった状態」「確率解釈」

量子力学において粒子は、様々な状態が「重なりあった状態」で存在している。この「重なりあった状態」は、観測機器によって粒子を観測することで、いずれかの状態に収束する。

例えば、原子のスピンは、上向きの状態と下向きの状態が重なりあった状態で存在しているが、観測機器によって粒子を観測すると、スピンは上向きか下向きのいずれかの状態に収束する

アルファ粒子は、原子核のアルファ崩壊にともなって放出され、ラジウムに起こるアルファ崩壊は、量子力学によって確率解釈されなければならない。原子核は、陽子と中性子によって構成されているため正電荷をもった陽子同士は斥力によって反発するはずなのに、正電荷をもった陽子と電荷のない中性子が原子核スケールの範囲にとどまっていられるのは、核力によって引き合っているためである。原子量の小さい鉄などの原子核は、核力が支配的であるために安定しているが、原子量の大きなラジウムのような原子は、原子核のサイズが大きくなることによって核力よりも静電気力の効果が現れる。

量子力学では原子核スケールの範囲にある陽子や中性子の位置に不確定性原理が現れ、それらの位置は確率でのみ決定することになる。そのため陽子や中性子は原子核の中で一定位置にあるとは考えない。しかし、陽子や中性子の位置関係によっては陽子間の斥力が核力を上回ってしまい原子核が崩壊する。このように量子力学的な揺らぎによって引き起こされる現象がアルファ崩壊であり、ラジウムのような放射性核種の原子核崩壊は量子力学的に確率解釈すべき現象である。

この実験において、ある時間内にラジウムがアルファ粒子を出すかどうかは基礎方程式(シュレーディンガー方程式の解)によって確率のみが計算でき、量子力学における確率解釈によれば、現象を観測するまでは原子核がひとつ以上崩壊した状態と原子核が全く崩壊していない状態の重ね合わせ状態で存在するのである。

「シュレーディンガーの猫」は粒子のようなミクロ系の重ね合わせが、猫のようなマクロ系の重ね合わせを導く可能性を指摘したのである。

ウィグナーの友人のパラドックス

しかしマクロスコピックな観測がいつもはっきりした値であるという原理は、経験的に得られた仮定でしかない。つまり、実用的な問題は無いにしてもシュレーディンガーが示した量子力学の不完全性が克服されたわけではないことになる。これはEPRパラドックスなどと併せて観測問題と呼ばれる。この観測問題は物質の認識や実在性と関わり科学・哲学の分野において未だ議論の続いている問題として残っている。

また、シュレーディンガーの猫以外にも、ウィグナーの友人のパラドックスがある。これは、ガスの発生装置をランプに、猫をウィグナーの友人に置き換えたものである。この場合、箱の外の観測者が箱の中の友人に観測結果を尋ねることが観測であるのか、それとも箱の中の友人がすでに観測を終えているのかという問題が生じるのである。

エヴェレット解釈(多世界解釈)

多世界解釈

エヴェレット解釈(多世界解釈)とは

観測者を特別視せず、観測者も記述の中に含めようという考え方から生まれた解釈である。
エヴェレット解釈では、箱の中に存在する猫の重なり合った状態は、観測を行う前も後も変わらない。観測によって、生きている猫を観測した観測者と死んでいる猫を観測した観測者の重なり合った状態に分岐する。分岐した後には生きている猫を観測した観測者または死んでいる猫を観測した観測者の一方しか残らないため、矛盾は存在しない、という考え方である。

自動車事故を起こさないために

自動車事故

毎年、6,000人のアメリカ人が気を取ら運転による自動車事故で死亡しています。一番の原因は携帯電話の使用によるものです。これまでの研究によると、モバイルデバイス上で話をすると、クラッシュのリスクが4倍になることを示しています。あなたがメールをしている場合、クラッシュの確率は8倍以上の可能性に上がると、健康ネットワーク外傷外科医のロバートBarraco氏は述べています。

まず、電話を置きましょう!
事故を起こす人間はきちんとし、他人を乗せていると自覚しましょう。ドライブしながら話をするとかしないと、多くの人々が危険にさらされます。それはあなたの子供、あなたの友人、道路上のすべての人を含みます。それは事実です!

約6,000人のドライバーが死亡した自己原因は、つまりクラッシュで、2008年には数万の人々が負傷しました。

運転中の携帯電話を使用することは、それがハンドヘルドまたはハンズフリーだかどうかは関係なく、0.08パーセントの血中アルコール濃度を有すると同様に、運転者の反応を遅延させます。(出典:ユタ大学)

道路の安全を作ることはあなたから始まります!
あなたはどのように役立つか?まず、あなた自身の携帯電話を置きましょう。今、運転中に携帯電話やメールをすることはありません。コミットメントを行います。今、言葉を広めます!私たちはあなたのクラッシュの原因を自らメッセージとして広めるために多くのツールを作成しました。

ドライバーが私たちのFacebookアプリで単語を広げることによって、容易にクラッシュを引き起こさないようメッセージを共有しています。

photo


 

Your Stories

 

6/29/2011-Denise.

It was 2:30 am and my daughter and granddaughter were sound asleep. Suddenly a car raced up the steep hill in front of the house. It sideswiped a neighbor’s car, then crashed into my daughter’s car. The impact was so hard that it caused my daughter’s car to jump the curb and shoved it into a tree. The greatest amount of damage was on the rear of the driver’s side, the exact location of my 2 yr old granddaughter’s car seat. As my daughter peered out of her window in shock, she saw the car drive away. Her husband sprang out of bed, ran out of the house and down the block. He finally caught up with the driver and alerted her to stop. The driver’s car sustained major damage, as did the neighbor’s car. My daughter’s 6 month old car was totaled. Glass shreds covered the car seat. The driver admitted to the police that she was drinking and texting while driving, not to forget an attempted hit and run. Thanks to this irresponsible 45 year old woman, my daughter has a $4,500 deficiency balance due on a car that was totaled, as well as a new car loan. I thank God that no one was injured.

 

3/29/2011-Kathleen P.

Years ago my friend and I were driving and the car ahead of us was all over the road. When she was able to safely go around him, I looked over and he was working on a laptop!! People are crazy!!

 

3/25/2011-Elaine B.

My daughter was coming home from Colorado for a visit when a car in front of her cut across 4 lanes of traffic and back again then slowed to a crawl when the rest of traffic was at full speed she had slowed down because of the mans erratic driving the car behind her was coming to a stop but the tractor trailer couldn’t stop rear ended the car behind her and he in turn hit my daughter! The man who caused this then drove on talking on his phone he caused a fatal accident 15 miles further down the road. Two cars were totaled, 2 killed and my daughter had ribs injured and the truck driver received the ticket the man who caused these 2 bad accidents left the scene of the fatal accident and still hasn’t been found! I wondered were the justice was in all of this? I guess my daughter walking away was a gift I am forever grateful for but my heart goes out to the families in the 2nd accident who weren’t that lucky. Did this person even know he was responsible for the damaged lives he caused? I wonder this every time I pass a distracted driver who changes lanes without even looking because they are on a cell phone!

 

3/21/2011-Chrystal R.

One morning last summer, on the way to work, I was witness to an accident caused by distracted driving. It happened on a busy stretch of road (Hamilton Blvd) by Dorney Park. I was waiting at a red light, it was about to turn green and I saw a car
coming very fast (not braking) approaching the intersection. This was the traffic that was supposed to be abiding by the lights, which were yellow and turning red. The car was fast approaching a stopped vehicle and started to brake all too late. The driver did swerve but clipped the back of the stopped vehicle, which had a family of three inside. The 50-ish parents and teenage daughter were luckily okay. The young girl who hit them told the police officer she was going to a college orientation, wasn’t sure where she was going and was looking at her GPS. In the end, the young driver was much more upset than the family inside, but this could have been avoided if she had just pulled over to look at her navigation.

 

1/13/2011-Katie S.

I was driving home from work around nine o’clock at night. I was driving through a green light when a girl ran a red light crashed into me and pushed my car into someone’s house. The girl was texting and she was so distracted that she was traveling well above the speed limit and had no idea that the light was red. She totaled my car, I was told that if I had been an inch more into the intersection she would have killed me.

 

11/8/2010-Pamela R.

I was run over by a pickup truck while riding my bike. The impact broke my neck, fractured my spine, shattered my wrist, tore tissue between my ribs, sliced my leg and bruised my body. I’m lucky to be alive, but I am still on a healing journey. Watch me sharing my story on Channel 69s Sunrise Show, with LVHN doctors Bob Barraco and Bryan Kane. http://www.wfmz.com/sunrise/25591210/detail.html

 

11/2/2010-Pamela W.

I was on a two lane one way street when the car in front of me was in the left lane then the middle then the right this went on for a couple blocks I was starting to think who ever was driving that car must be drunk . I could not pass him because of his erratic driving. When we got the red light he managed to stay in his lane, it was not until I pulled up next to him that I realized he was talking on his cell phone. He did not seem to care how he was driving while he talked on his phone.Another time I was in the car with a friend of mine who was driving. Then all of a sudden she started texting while she drove. All I could think of is oh my God we are going to die . When I mentioned my concerns about what she was doing she said, “I do it all of the time” needless to say I could not wait to get out of her car and I never rode with her again. Oh by the way she was driving with her elbows while she was texting.

 

10/26/2010-Erin L.

was almost in an accident on Sunday. A van was swerving all over the road, couldn’t pick a lane and cut us off right at the last second. Luckily we have good brakes. Once we past her on the highway, she wasn’t looking at the road at all, she was texting!

 

10/21/2010-from Patti A.

The other day I was turning from Lehigh Street onto 31st on my way to work. There was some road construction, creating one distraction. A woman turned in front of me an nearly ran into the road crew. With one hand, she was talking on her cell phone. With the other hand, she was smoking a cigarette. What hand was she using to steer her car?

 

10/18/2010-from Nancy L.

Many years ago now, my husband was rear-ended by a driver who said he was reaching down for his cell phone. Fortunately, my husband wasn’t hurt but our car was totaled!

 

10/18/2010-from Bernie K.

Driving West on the PA turnpike on Friday. While passing a car, I notice the driver of the car I’m passing (in his late teens / early 20′s) with both hands on his cell, texting, and his eyes on the phone. I was very happy to get around and away from him. It’s scary that people think they are THAT talented that they don’t need to steer or even look at the road.

 

10/19/2010-from Kathryn A.

On Sunday, I was driving with my 5 year-old daughter in the car. I was almost run off of the road by a guy coming at us in a pick-up truck, talking on his cell phone.

 

Tell Your Story
Have you ever had a close call on the road while you were distracted? Have you or a loved one been affected by a distracted driver? Share your story with us and help us spread the word about the dangers of distracted driving.

celllimit0girl celllimit0dog celllimit0boy

TOPへ戻る